Profile


札幌の介護と子育ての同時進行・ダブルケア専門家 「介護コンサルタント 」野嶋 成美です。

 

私自身の15年間のダブルケアの経験をもとに

 

ダブルケアの精神的・身体的しんどさを伝え

 

ダブルケアでがんばっている女性が

 

自分の時間を持って、笑顔の時間が持てるようにしたい。

 

そう考えて活動しています。

 

15年間ダブルケアを経験した介護コンサルタントの野嶋成美です。

資格:日商簿記1級、介護2級ヘルパー



ダブルケアの活動のきっかけ


 

2008年に母を、2015年に父を亡くし

子どもたちも成人し
介護も子育ても卒業しました。

父を看取り後始末を終えた頃、
新聞でダブルケアの特集を読みました。
私もダブルケアだったことをこのとき初めて知ります。

これから増えるダブルケアの状況をサポートをする体制を整えたい。
私のダブルケアの経験をいかして何か出来ないか。
すぐに活動できる場を探しますがありませんでした。
そもそもダブルケアという言葉を知っている人がいませんでした。

「まずは認知度を高めないと。」
今考えると無謀なのですがその時は必死です。
ひとりで活動を始めることにしました。

はじめは手探り状態で私の思いを会った方にただ伝えていました。
ブログを書き、ホームページを作り、
だんだんとSNSでの発信を始めました。
そうしていると徐々に勉強会や取材の依頼が入るようになりました。

現在は講座や勉強会を開き、
ダブルケアの認知度を高める活動を進めています。
同時に全国でダブルケアの支援活動をしている方たちとつながって
情報交換をしています。


亡くなった父に感謝。だから私は前を向いていける!


四姉妹の長女として札幌に生まれました。

 

父は転勤族で

北海道内を転々としましたが、ほぼ札幌で育ちました。

 

結婚して横浜に移り

2人の子供に恵まれました。

 

子どもたちが幼稚園に通ってる頃

父が寝たきりになりました。

 

札幌に戻り

介護と子育てのダブルケアになりました。

 

一緒に父の介護していた母も倒れ

ダブル介護に子育てとトリプルケアになった時期もあります。

 

父の介護は、トータルで15年に渡りました。

 

父は、寝たきりになっても堂々と生きる姿勢を貫き

死に様をきちんと見せてくれました。

 

だから私は前を向いていけるのです。

 

寝たきりだったけど、15年間父と向き合えて、よかったと思うのです。

 

いま父には心から感謝しています。

Instagram



趣味のスマホでインスタグラムにアップしています。